メディア報道

アルミ型材はどのように分類できますか?

発表日:2020-08-26 閲覧数:199

アルミ型は9つの用途に分けることができ、建築用アルミ型、ラジエーター用アルミ型、工業用アルミ型、自動車部品用アルミ型、家具用アルミ型、太陽電池用アルミ型、鉄道車両用アルミ型、表装用アルミ型、医療用アルミ型。


     

建筑用アルミ型材は、ドアと窓のアルミ型材とカーテンウォールのアルミ型材を含みます。建筑の中でアルミ型材は家の面、壁面、ドアと窓、内と外の装飾、施工テンプレート、復合のドアと窓、復合のアルミ板、色のアルミ板、アルミニウム合金のテンプレートなどをします。建筑用アルミ型材は色が美しく、耐腐食性が良く、光熱反射率が良く、吸音が良い。

ラジエーターのアルミ型材は各種の電子設備の放熱、照明器具の放熱、コンピューターのデジタル制品の放熱のカバーなどを作るために使われる。

工業アルミ型材は多く机械自働化工業生産業に使われることを指します。自働化机械設備、ライン作業台、設備カバー、設備ラックフェンス、非標准アルミ型フレーム、アルミ型コンベアベルト、アルミ型ホワイトボード棚、操作台、職場の間仕切り、材料棚、移働カート、アルミ型高走台踏み台など。

自働車部品のアルミ型材は、自働車の部品や連結部品、外装フレームの組み立てなどに多く使われています。

家具のアルミ型は家具、家具装飾置物、アルミ型魚鉢、ベッドの机と椅子を支える棚、クローゼットの取っ手などに使われる。

太陽電池アルミ型材は太陽電池フレーム、太陽電池ブラケット、太陽電池スパイク部品などに使われる。

軌道車両のアルミ合金型材は軌道車両の車体製作に多く用いられる。

アルミ合金製フレーム、展示用フレーム、絵画用フレームなどを装う。

医療用机器アルミ型材は、医療用机器本体フレーム、医療用机器、医療用担架ベッド本体フレームなどである。

アルミニウム型材は、一般的に使用されている他の金属よりも密度が小さく、軽量で、重量の面で優位性があるだけでなく、その可塑性、生産性、良好な表面処理性能、色鮮やかな外観だけでなく、金属汚染、毒性、多くの利点は、アルミニウム型材は、今日の市場で重要な位置を占めている。