メディア報道

サンルームのつくり方で気をつけることは?

発表日:2020-10-26 閲覧数:189

近年、生活の発展と人間のありのままへのあこがれによって、サンルームはますます人気になっています。ただし、型材の設置、防寒、耐熱、防水なども考慮して建てます。

サンルームの断熱・防寒対策でよくある解決法は?

1、建築用フィルムを貼る

保温、断熱、省エネ、防紫外線、防爆、安全と防護などの机能があるので、この建筑膜をガラスの表面に貼り付けるだけで断熱と防寒の役割を果たすことができる;

2、日よけ制品を選ぶ

外カーテンを取り付ける。太陽の放射線を遮ると同時に視線を遮って、ガラスの日光の部屋にその視覚の透き通る本来の意味を失って、しかも外のカーテンの設備は操作、維持する必要があって、使用寿命も非常に有限です。

3、ガラス充アルゴンを選択

ガラス用アルゴンガスは,熱膨張や収縮から中空ガラスの平らさを保護する不活性ガスで,熱伝導性が遅く,防音・断熱性に優れている。聖博盾のガラスは白云牌耐候シリコーン構造ゴムを采用して、正面の専門設備気圧は8mm以上ゴムを打って、側面のブチルゴムを打って、ゴムを打って充満して、断熱性と密封効果を保証します。

4、温度制御装置を増やす

温度制御設備の増加は、仕方のない受動的な方式に過ぎず、長期的なエネルギー消費と環境汚染を犠牲にしなければならず、放射熱とまぶしさの問題も効果的に解決されない。


サンルームの防水処理でよくある対策は何ですか?

1、日光の部屋の勾配を利用して、天井面の雨水を形勢利導の迅速に排除して、漏出の可能性を小さく範囲まで縮めさせます。

2、防水材料を利用して、ガラスとポールの間の継ぎ目をふさいで、シームレスで、穴がないことを要求して、雨水の漏出を防止します。

どんな形式の采光の屋根に関わらず、排水はすべて非常に重要で、もしサンルームの排水システムの設計が乱れたり排水の細部の処理が正しくないため、排水が滞ったり水がたまったりすることをもたらして、すべて漏出の要素が発生して、長期的に水がたまってシールを老化させることができ(ありえ)て、サンルームの排水の問題に対して十分な注意を払うべきです。